FC2ブログ
 

凛 騎 応 変!

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




◆ 作品を楽しんでいただけましたらクリックのご協力をお願いいたします*^-^*
人気ブログランキングへ
*    *    *

Information

□ ネトラレ実現日記~第5章 変わっていく妻~ □

~実況④~

「今、どこ舐めてるの?」
「・・・先のほう」

電話でのコミニュケーションも段々と慣れてきたのか、僕へ自然に返答できるようになってきた妻。
どうやら今は、坂井君のモノの先っぽに舌を這わせているらしい。それは嘘では無く、モニターの中の彼女は、右手で男根を握り、その先端に舌先をチロチロと這わせていた。

「じゃあ、今度は下の方を舐めてあげようか」
「・・・下・・・って」
「タマだよ、坂井君のタマを舐めてあげて」
「・・・・・」
「いつも、俺にはしてくれるでしょ?同じようにしてあげて?」
「・・・うん」

モニターの中の妻は、坂井君の股間にあった顔を、更に下に潜らせる。

「う・・・わ」

途端に声をあげる坂井君。

「どう?坂井君」
「なんて言うか・・・すごいっす」
「初めてじゃないだろ?そこ舐められるの」
「いや、こんな所まで舐められたの初めてっす」
「そうか、で、感想は?」
「なんか、くすぐったいっす」
「そうか、初めてだとそうかもしれないね」

坂井君に感想を訊ねている間も、素直に彼の股間に潜っている妻。残念ながら、カメラには彼の睾丸を舐めまわす口元は映らない。

「綾乃、いつもみたいに、タマを軽く口に含んでみて」

やはり、映像では、僕の言った通りにしているのかどうかは確認できない。

「う・・・おっ」

しかし、坂井君の呻き声が、それを教えてくれる。

「なんか・・・不思議な感じっすね」

坂井君が感想を述べる。

「綾乃、そのまま裏筋を舐めあげて・・・」

モニターの中で、妻の顔が動いた。
素直に、彼のモノの裏筋を、下から上へ向かって舐めあげる。

「坂井君、綾乃は俺の言う通りにしてるかい?」
「し、してるっす・・・」

快感を堪えながら答える坂井君。

「よし、じゃあ、いつも通りにそのまま舐め続けるんだ。でも、俺が良いって言うまで咥えちゃダメだぞ」

返事はない。坂井君も会話が煩わしくなってきたのか、何も答えない。電話だけで状況を把握している僕は不安になったけれど、モニター内では綾乃が僕の言う通りに坂井君のモノを舐め続けている。



そうしてそのまま5分ほど時間が経った。
その間、綾乃は一度も彼のモノを咥えなかった。ただひたすらにペロペロと男根を舐め続けていたのだ。

「じゃあ、そろそろ咥えようか。まだ咥えてないだろうね?」
「・・・・・」
「綾乃?」
「ま・・・まだ・・・・舐めてる・・・だけ」
「よし、じゃあ、もう咥えても良いよ。ゆっくりで良いから、出来るだけ深く、喉の奥まで坂井君のを咥えるんだ」

――ジュポっ

モニターから、男根を咥える卑猥な音が聞こえた。
この音は電話越しにもきちんと聞こえたから、電話の僕も状況は把握できた。

「ゆっくりと、軽く吸い上げながら頭を上下させるんだ」

――ジュポっ・・・クポッ・・・

「あぁ、めっちゃ気持ち良いっす」
「坂井君、綾乃は、言われなくても、普段こうやって俺に口でしてくれるんだよ」
「そうなんすか?羨ましいっす」
「だろ?でも、そのテクニックは俺が教えた訳じゃないんだよ」
「え?じゃあ・・・」
「綾乃は、若い頃、不倫してたことがあるんだ」

僕は電話越しに、綾乃のトップシークレットを伝える。

「ちょっ、そんな話しなくても良いじゃん」

途端にそう反論する彼女。
モニター越しにこの時の様子を見ると、それまでいやらしく頬を窄めて男根を咥えていた口から、慌てて男根を吐き出して反論する彼女の姿が映っていた。

「いいじゃないか、別にこんな事、他の人にしゃべったりしないさ、坂井君だって」
「だからって・・・」
「それより、フェラを続けて」
「でも・・・」
「いいからっ、綾乃はフェラを続けるんだ」
「・・・はい」

モニターには、僕に強くそう言われて、渋々、再び坂井君のモノをペロペロと舐め始める妻の姿。
2、3回ペロペロと舐めただけで、誰に何を言われるでもなく、また頬を軽く窄めながら男根をしゃぶる。

「でね、坂井君」
「はい」
「その不倫相手の男に、綾乃はフェラチオを仕込まれたのさ」
「そうなんすか・・・」
「そりゃあ、数えきれないくらい、何回も不倫相手に口でしてやったみたいだよ」
「マジっすか、それは奥さんが何歳くらいの時なんすか?」
「まだ20代前半の頃だよ」
「相手は?」
「30代半ばだって言うから、今の俺くらいだろうね」
「羨ましい奴っすね」

若い男に口で奉仕させながら、その妻の性歴を暴露する僕。
なかなか興奮するシチュエーションだ。

「これだけの口技を身につけてるんだから、どれだけたくさん男に口でしてやったかは想像できるだろ?」
「そ、そうっすね・・・やっぱ上手いっすもんね」
「不倫してる頃は2、3日に1回は口で抜いてやってたそうだよ」
「そんなに・・・」

モニターで見る限り、妻は大人しく坂井君のモノを咥えている。
ただ、その頭の上下運動はゆっくりで、フェラチオを続けながらも、僕らの会話に耳が集中している事は明らかだ。

「相手は職場の上司だか同僚だからしくてね、会社帰りに車で送ってもらって、そのまま車内で・・・なんて事もあったらしい」
「カーセックスっすか?」
「いや、車の中でセックスまではなかったみたいだよ、なかなか忙しい男だったらしくてね」
「じゃあ、毎回、口だけ?」
「何週間かに1回くらいはホテルでセックスもしてたらしいけど、まぁ、フェラの方が圧倒的に多かっただろうね」
「なるほど、それでこんなに上手いんすね」
「おそらく・・・ね。けど、綾乃は自分がフェラ上手だって認めないんだよ」
「え、何でですか?」
「さぁね、本人に訊いてみると良い」



綾乃は、まだゆっくりと坂井君のモノを咥えたままで頭を上下させている。耳が会話に集中しているからか、激しさを増す事も、敏感な部分を刺激するような仕草も一切なく、ただただ機械的に頭を上下させている。
坂井君には、それがちょうど良い刺激だったらしく、僕との会話にも余裕があった。

「奥さん、この間も思いましたけど、めっちゃ上手いっすよ?口でするの」
「そんなこと・・・ない」

フェラチオは止めないで、そう答える妻。

「いや、ありますって、少なくとも俺の中では一番っす」
「それは・・・坂井君がまだ若い・・から」
「そりゃ、そんなに経験人数は多くないっすけど・・・」

自ら経験人数の話題を持ち出す彼女。僕の思うつぼだ。

「綾乃、坂井君のモノは口の中に入ってるかい?」
「んっ・・・うん」
「それが何本目のチンポだい?」
「え?」
「綾乃は今まで、色々な人にフェラしてあげただろ?坂井君で何人目だって訊いてるんだ」
「そんなこと・・・」

勿論、僕は答えを知っている。
だけどあえて、綾乃に答えさせようとしているのだ。

「わかんないかい?」
「そんなの・・・忘れた」
「忘れる程、たくさんのチンポを咥えてきたのかい?」
「・・・・・」

ちょっと意地悪くそう言う僕。

「坂井君、何人目だと思う?」
「そうっすね・・・5、6人くらいっすか?」
「残念・・・俺を入れると、坂井君が記念すべき10人目だよ」
「そんなにっ・・・あ、すんません」

予想より多かった事に素直に驚いた後で、目の前の妻に失礼だと思ったのか、すかさず謝る坂井君。

「今時の若い人はどうか知らないけど、俺たちの年代だと普通か、少し多いくらいだと思うんだけど・・・驚いた?」
「あ、いや、人数的にはそんなに多いとは思わないっすけど・・・」
「じゃあ、何で驚いたの?」
「いや、奥さん・・・ホント、こういう事って興味なさそうって言うか・・・あんまりやらなそうに見えるじゃないっすか・・・」
「そうかい?」
「そうっすよ、全然、エロい事に興味とかなさそうに見えるし・・・だから」
「だから驚いたのかい?」
「あんま経験豊富に見えないのに、思ったより経験人数いたもんだから、それで・・・」

そうなのだ。僕の性的倒錯も、基本はそこにある。
パッと見た感じ、綾乃は普通の主婦だ。悪く言うと地味。良く言うと清楚。
夫の僕でも、彼女に対するイメージはそんな感じだ。
それが、予想よりも性的な体験が豊富だったこと・・・そのギャップ。
それが僕の性的倒錯の根幹にある。

そんなイメージの彼女なのに、不倫の経験があった。
そんなイメージの彼女なのに、顔射の経験があった。
そんなイメージの彼女なのに、フェラチオが上手かった。

そんなイメージの彼女だから、他人に汚させてみたい。

そんなイメージの彼女だから、もっとイヤらしい事をさせたい・・・。

坂井君も妻に対しては僕と同じようなイメージを持っていたようだから、おそらく妻の周辺の大多数は、同じようなイメージを持っているのだろう。

でも、そうじゃない事を僕は知っている。
そして、そうじゃない姿をもっともっと見たい。

それが今につながっているのだ。

けれど、すべてが僕の思うままに進む訳でもなかった。
この日、最後まで妻は自分がフェラ上手だとは認めなかったのだから・・・。




前へ / 次へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]





◆ 作品を楽しんでいただけましたらクリックのご協力をお願いいたします*^-^*
人気ブログランキングへ
*    *    *

Information

Date:2016/01/01
Trackback:0
Comment:2

Comment

*

あけましておめでとうございます。
今回、「会話のみで成り立つエロス」があって面白かったです。
2016/01/01 [774] URL #- 

* Re: タイトルなし

> あけましておめでとうございます。
> 今回、「会話のみで成り立つエロス」があって面白かったです。

あけましておめでとうございます。
さっそくのコメントありがとうございます。
お褒めいただきうれしいです!!
2016/01/02 [凛騎] URL #- 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://luckychild.blog.fc2.com/tb.php/395-0bb9a584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。