FC2ブログ
 

凛 騎 応 変!

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




◆ 作品を楽しんでいただけましたらクリックのご協力をお願いいたします*^-^*
人気ブログランキングへ
*    *    *

Information

□ ネトラレ実現日記~第5章 変わっていく妻~ □

~嘘~

綾乃は嘘をつかない。
そりゃあ、多少話を大袈裟に言ったり、逆に小さく話したりする事くらいはあるけれど、話の結論を逆にするような嘘は聞いた事がない。

勿論、僕が気が付いていないだけで、本当はすごく嘘が上手いと言う可能性もあるけれど、彼女は、とてもじゃないけれど、そんな器用さは持ち合わせていないから、きっと嘘はつかないのだろうと言うのが、長年一緒に暮らしてきた僕の結論だった。

「俺とするのと、坂井君とするの・・・どっちが気持ち良かった?」

ある日、夕食を終えて、その片付けをする妻に向かって、僕はそう訊ねた。

「孝介とするほうが良いに決まってるじゃん」

即答する妻。

「ホントに?」
「本当だよぅ、なんで?」

逆に、どうして疑うのかと質問される僕。
それは、彼らの行為の一部始終をモニター越しに見ていたからに他ならないのだが、それは綾乃には内緒だ。

「いや、何となく・・・さ」

だから、そう答えるしかない僕。

「ああ言うのは、好きな人とするのが一番良いに決まってるよ」

そう言う綾乃が可愛らしくも思えたけれど、同時に、僕の脳裏には坂井君に激しく突かれて果てる綾乃の姿が浮かぶ。

「でも、気持ち良かったでしょ?」

居間で流行りのゲームに興じる子供に聞こえないように小声で言う僕。最近はきちんと親の会話を聞いているから、彼の前で変な事は言えないのだ。

「それは・・・だって・・・少しは・・・」
「少しだけ?」
「・・・・・」
「でも、イッちゃったでしょ?」
「な、なんで!?」
「なんでって・・・坂井君に聞いたよ」

それは嘘だ。
彼とは、アレ以降、一回も会っていないから、そんな話は聞けていない。
彼から聞いたんじゃなく、モニターを介してとは言え、妻が果てるところを見ていたのだ。

「ね?綾乃がイッたみたいだって教えてくれたよ?どうなの?」
「・・・・ちゃった」
「え?」
「イッちゃった・・・ごめんなさい」
「別に謝らなくて良いよ、綾乃が気持ち良くて良かった」
「・・・・・」
「でも、イッたんなら、相当気持ち良かったんだね」
「そんな事っ・・・ないもん」
「何回イッた?」
「そ、そんなに何回も・・・1回だけだよ」

何故だか、1回しかイッていないと自慢げに訴える妻。

「何されてイッたの?」
「何って・・・」
「だって、綾乃は俺とするとき何回もイクじゃん。指入れられたり、舐められたりとか・・・あと、入れられてる時とか・・・坂井君とはどのタイミングだったの?」
「そんな話・・・いいじゃん」
「良くないよ、終わったら2人から話を聞くって言ったでしょ?俺は2人がするところを見てないんだから、話も聞けなかったら何のために綾乃にお願いしたのか解らないよ」
「・・・・・」
「でしょ?」
「・・・うん」
「じゃあ、教えてよ、何をされてイッたの?」
「・・・普通に」
「普通?普通って何さ」
「だから・・・普通に・・・入ってる時に・・・イッた」
「ふ~ん、どんな態勢で?」
「そんなこと・・・」
「教えて?」
「・・・・・普通の時」
「だから、普通じゃ解らないってば」
「だから・・・普通に、私が上を向いてる時・・・」
「ふ~ん、他にどんな態勢でしたの?」
「・・・・・」
「ねぇってば」
「後ろ・・・」
「後ろ?」
「だから・・・その・・・バック・・・って言う・・やつ」
「バックもやったんだぁ」
「だってっ・・・坂井君が・・・そうした」
「別に言い訳しなくても良いんだってば、綾乃が上にはならなかったの?」

ブンブンブンと大きく左右に首を振って否定する彼女。騎乗位をしていない事は知っているけれど、わざとらしくそれを訊ねてみる。

「そっかぁ、何でしなかったの?」
「やれって・・・言われなかったし・・・」
「ふ~ん、口では?してあげたんでしょ?」

コクリと小さく頷く彼女。

「綾乃は口でするの上手いからなぁ」
「上手くないもんっ」
「上手いってば」
「上手くないっ」
「坂井君、我慢できずに口の中で出ちゃったりしなかった?」
「それはっ・・・」

知っていて訊ねる僕。
我ながら白々しい芝居だ。

「どう?出ちゃったんじゃないの?」
「で、でもっ・・・我慢できずにって感じじゃ・・・なかった・・・」
「じゃあ、どんな感じさ」

知っている。
出来ればセックスまでしたくなかった妻は、最初から坂井君を射精させるつもりでフェラチオしていたのだ。

「どんなって・・・」

でも、そんな事を僕に言う訳にはいかない彼女は答えに窮する。

「だって、これからエッチしようって言うのに、わざわざ口だけで終わらないでしょ?普通」
「でも・・・」
「でも、綾乃の口の中に出ちゃったんでしょ?」
「・・・うん」
「そりゃあ、綾乃が上手いから、出ちゃったんだよ、きっと」
「違う・・・もん」

否定が弱々しくなる。

「ま、いいけどさ」
「・・・・・」

実際にモニター越しに2人の行為を見ているのだから、そんな細かい事はどうでも良い。とにかく、坂井君は綾乃の口内で思い切り射精したのを見ているのだから。


「で、野本さんとするのと、坂井君とするの・・・どっちが良かった?」

僕との比較では正直な感想は訊けないようだったから、僕は野本さんを引き合いに出してみる。

「そんなの・・・同じだよ・・・どっちも」
「ホントに?だって、坂井君の方がかなり若いし、勢いもあるんじゃないの?」
「・・・・・」
「どう?」
「勢い・・・」
「そう、若さに任せてって言うか・・・そう言う感じは野本さんにはないでしょ?」
「それは・・・そうかも・・・」
「で、どっちが気持ち良かった?」
「・・・・・」
「じゃあさ、どっちが硬かった?綾乃は硬いのが好きだもんね」
「そんな・・・」
「どっち?どっちが硬かった?」
「・・・坂井君」
「でしょ?じゃあ、坂井君の方が良かったんじゃないの?」
「・・・そう・・・かもしれない」
「やっぱり~」
「で、でもっ・・・でも・・・孝介の方が・・・いい」

繰り返し、僕の方が良いと訴える綾乃。あまりにしつこいと、逆に怪しいと言うものだ。

「ところでさ、後から気が付いたんだけど、コンドーム・・・無かったでしょ」
「あ・・・うん」
「どうしたの?もしかして生でヤッちゃった?」
「そんな事しないよ!」
「でも、坂井君も用意してなかったんじゃない?」
「・・・・・うん」
「じゃあ、どうしたの?」
「ウチにあったやつ・・・使った」
「へぇ、坂井君、よくウチにコンドームあるって解ったね?」
「・・・・・」
「どうしたの?」
「ううん・・・なんでもない」

自分からコンドームの場所を教えたとは言わない綾乃。

「ま、妊娠しちゃったら困るしね、生はマズいよね、やっぱ」
「・・・うん」

やっぱり自分から教えたとは言わない。
僕に、その事は言いたくないようだ。

「で、次回なんだけどさ」
「え?」
「だから、次に坂井君をウチに呼ぶときの事なんだけど」

僕は、綾乃が自分からコンドームの場所を教えたとは言わない事を予測していた。予測した上で、あえてそれを話題にして、彼女に隠し事をさせたのだ。

「でも・・・1回だけって・・・」
「それは、綾乃が気持ち良くなかったら、1回だけで終わりにしても良いよって言う約束だったじゃん」

そうやって、あえて僕に隠し事をさせる事で、彼女に後ろめたさを感じさせた。そうする事が、これから僕が話そうとしている「坂井君との次回」に向けて有利だと思ったからだ。

「そう・・・だったかな」
「そうだよ」
「でも・・・」
「さっき、気持ち良かったって言ったよね?」
「・・・・・」
「坂井君とエッチして、イッちゃったって・・・言ったよね?」
「・・・・・」
「そうでしょ?」
「・・・・・うん」
「イッたって言う事は気持ち良かったって事でしょ?」
「・・・うん」
「じゃあ、1回だけって言う約束には当てはまらないよね?」
「・・・・・」
「そうでしょ?」
「・・・うん」

こうして僕は、いとも簡単に「次回」の約束を取り付けた。
野本さんの時よりも、あっさりと、坂井君と2回目のセックスをする事を承諾した妻。

(坂井君とは、もう一度セックスしても良いと思ってるんだな・・・)

野本さんの時のように、時間をかけて説得しなくても、思ったよりあっさりと話が進んだ事に、僕はさらに興奮した。



前へ / 次へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]





◆ 作品を楽しんでいただけましたらクリックのご協力をお願いいたします*^-^*
人気ブログランキングへ
*    *    *

Information

Date:2014/12/28
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://luckychild.blog.fc2.com/tb.php/376-75656b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。