FC2ブログ
 

凛 騎 応 変!

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




◆ 作品を楽しんでいただけましたらクリックのご協力をお願いいたします*^-^*
人気ブログランキングへ
*    *    *

Information

□ 人妻遊戯~歪んだ愛情~(完結) □

第13話 …童貞~後編~…



――ヌロっ・・・ヌロっ

童貞の島田君に気を使っての事か、ゆっくり、ゆっくりと彼のモノを口から出し入れする佳純。

「どうだい?島田君」
「す、すごい・・・気持ちいい・・・です」
「佳純は・・・島田君のはどうだい?」
「んっ・・・んぅ・・・っ・・はぁ・・すごく・・・硬い・・・」
「それから・・・?」
「・・・く、口の中に・・・すごく濃い・・・味が」
「味?どんな?」
「お、男の人の・・・味・・・」

彼のモノの先端からは、最初から汁が溢れていた。おそらく、その男臭い液体が、ひっきりなしに少しずつ佳純の口内に広がっているのだろう。彼女はそれを「濃い男の人の味」と表現した。

「嫌な味かい?」

優しい佳純は、島田君の眼の前で、その味を酷評する訳がない。僕はそれを解っていて、わざと彼女に訊ねる。

「嫌じゃな・・・い・・・・・・んっ・・・ふぅ・・・んっ」

夫の眼の前で10代の男の子の若い男根を咥えながら、嫌な味じゃないと感想を述べる妻。
激しくはないが、淡々と一定のリズムで口の中に出したり入れたりを繰り返しているのも、なかなか興奮する。

「んっ・・・んっ・・・んっ・・・」

良く考えれば、こんなに明るい場所で佳純のフェラチオを見るのは初めてかもしれない。元が可愛い顔をしているだけに、口にグロテスクな男根を咥えているその顔を見ていると、普段とのギャップの大きさに興奮してきた。

(そろそろ次へ行くか・・・)

言うまでもない事だが、佳純と島田君にはセックスまでしてもらうつもりでいる。彼女のフェラチオ姿を眺めているのも興奮するが、もっと先が見たい。
僕は彼と佳純を、寝室へ連れて行こうと考えて、口を開いた。

「島田君・・・そろそろ、2階の寝室・・・」
「あっ・・・だ、ダメ・・・です。お、奥さん・・・も、もうっ」

ところが、彼らを寝室に誘い終える前に、島田君は突然、切なそうにそう言った。

「んっ・・・んっ?」

男根を咥えたまま首を傾げる佳純。

「あぁ・・・っ・・・んっくっ・・!」

次の瞬間、島田君は呻きながら、腰をガタリと浮かせた。
それから何度も何度も、腰をビクつかせる島田君。

「んぅ・・んぐぅ・・・えっ・・ほっ・・・ぐっ」

彼が腰を突きあげた事で、思いがけず喉の奥深くまで男根が侵入してきたようで、眉間に皺を寄せて苦しげに呻く佳純。それでも男根は咥えたまま、なんとか吐き出さずにいるのは、発射された精液をその辺に撒き散らさないために必死だからか。

「んぐっ・・・んぅえぅっ・・・」

硬く閉じた佳純の眼からは、少しだけ涙が滲んでいる。いきなり喉の奥まで進入してきた男根が咽頭反射を引き起こしたためだろう。

「す、す、すいませんっ」

彼にしては珍しく大きな声でそう言った。

「ん~っ・・・っ」

佳純はまだ島田君の男根を咥えたままだが、咥えたままの口角から、白い液体が溢れて流れ出ているのが見える。
どうやら口内に収まりきらないほど大量の精液が佳純の口内に吐き出されたらしかった。

「ん~っ、ん~っ!?」

まだ彼のモノを咥えたままで、視線をチラリと僕に向ける佳純。
その眼は「この状態からどうしたら良いのか?」と訊ねていた。

「そのまま飲みこんでしまえばいいじゃないか」

僕は当然のように言った。

「ん~っ、ん~っ!」

何を言っているのかは解らないが、とにかく今、口内に溜まっている精液を嚥下する事を拒否しているのだけは解る。

「じゃあ待ってろよ、今、ティッシュ取ってやるから」

僕は手を延ばしてティッシュを数枚取り佳純に渡した。
島田君の男根は咥えたまま、視線も合わせずに僕からそれを受け取る佳純。

――ダラっ・・・

ようやく佳純は島田君のモノを口から吐き出した。それから精液を上手にティッシュに吐こうと思ったのだろうが、出された量があまりにも多く、彼女が男根から口を離した瞬間に、その一部は佳純の口から流れ出た。

僕は彼女のその姿を見て、一気に興奮度が上がった事を股間で感じる。顔や身体・・・見える場所ではないが、間違いなく佳純は、口内を僕以外の男の精液で汚されたのだ。

「んっ・・・はぁ・・・はぁ」

ようやく口内の精液を吐き出した佳純は、少し大きく呼吸した。

「あ、あの・・・僕・・・気持ち良くて・・・ごめんなさい・・・こんな事・・・」

オロオロとしながら島田君が言った。
僕は佳純がどう答えるだろうかと、あえて黙ったままその光景を観察する。

「はぁ・・・はぁ・・・だ、大丈夫・・・だよ・・・」
「本当に・・・すいません・・・」
「うん・・・大丈夫だから・・・ただ、こんなにたくさんの量・・・口の中に出されたの初めてだったから驚いただけ」

佳純は優しくそう答えてから、テーブルの上にあった、もうとっくに温いビールを一口飲んだ。



※※※



「そこに座って・・・」

僕達は場所を居間に移した。僕は佳純にソファに座るように言う。

「ジーンズと下着を脱いで・・・それから座ってくれ・・・」

僕に言われるまま素直にソファに腰を下ろそうとした佳純に僕は続けざまにそう言った。

「え?」

佳純は大きなどんぐり眼を、もっと大きく見開く。

「今度は島田君に女性の喜ばせ方を教えてあげようと思うんだよ、それにはジーンズと下着は邪魔だ・・・解るだろ?」
「でも・・・こんな明るいのに、恥ずかしいよ・・・」
「島田君は女性のアソコを見た事がないんだ、暗くちゃ教えてあげられないだろ?」
「そんな・・・」

佳純は明るい場所でセックスする事すら恥ずかしがる女だ。それが、明るい居間で下半身丸裸になれと命じられているんだから、彼女が躊躇うのは当然だった。

「島田君は女性のアソコをみたことないだろ?」
「・・・はい・・・DVDなんかではモザイクになってるから・・・」
「な?佳純・・・ここまで来たんだ、彼に女性の一番気持ち良い部分を見せてやろうよ」
「・・・・・」

それでも躊躇う彼女。

「佳純・・・頼むよ、俺のためにさ・・・な?」

僕は躊躇う彼女の耳元に顔を寄せ、囁くようにそう言った。
まだ躊躇いが残る様子だったが、僕がそうすると佳純はノロノロとジーンズのベルトに手をかけた。
それから、チラリと僕を見て、その後で視線を島田君に移して、すぐに赤い顔で俯く。

――カチャカチャ・・・

ベルトのバックルが音をたてた後で、ベルトが外れる。タイトなジーンズはベルトが外れただけでは脱げることはないが、彼女がジーンズのファスナーを静かに下げると、隙間から僅かにピンク色の下着が見えた。

ふと、島田君へ視線を向けると、血走ったような目でそこを凝視している。大人しい性格でもやはり男だ。この状況に興奮を隠す事は出来ないのだろう。

「脱いだよ・・・」

やがて佳純はジーンズを脱ぎ捨てて、ピンク色のパンティ姿になった。Tシャツもピンク色に英語のロゴが入ったものを着ているが、下着のピンクはそれよりも薄い色だ。

「じゃあ次は下着を」
「・・・・・」

動きの止まる佳純。だが、容赦なくピンク色のパンティに向けられる若者の視線を、佳純も感じているようで、最早、このままでは済まない事を悟ったようだ。
彼女はようやく下着に手をかけた。

はぁっと息を飲むような呼吸が隣に佇む島田君から漏れた。
スルリと足首から下着を抜き取る佳純。すぐさま大切な部分を両手で隠すが、指の隙間からは、彼女の薄めの陰毛が見え隠れしている。彼はその光景だけでも息を飲んだようだった。

「そのままソファに座って」

ストンと言われるままソファに腰を下ろす佳純。

「そのまま両脚を開くんだ」
「えぇ!?で、出来ないよ・・・そんな事」
「でも、そんなにガッチリと脚を閉じてちゃ、肝心な所が見えないだろう?」
「・・・・・」
「島田君も見たいよな?」
「・・・・は、はい・・・み、見たいです」

緊張なのか興奮なのか、声が上ずっている彼。

「ほら、佳純・・・脚を開いてごらん?」
「・・・・・」
「佳純・・・ほら、ゆっくりで良いから、少しずつ・・・そう、そうだ・・・」

僕に促されて、ゆっくりと左右に両脚を開き始める佳純。初めての女性の陰部に、視線を隠そうともしないで、一点を凝視する島田君。

「ひ、開いた・・・よ」

少しだけ両脚を開いた所で佳純が言った。それは「両脚を開いた」とは言い難いくらい、ほんの少しだけだったけれど、彼女にしては頑張ったほうだろう。

「よし、じゃあ、島田君」
「はい・・・」
「ソファの下に跪くんだ」

僕がそう言うと彼は無言のままで、ソファの下に跪いた。目の前には下半身丸裸でソファに座る佳純・・・。

「見えるか・・・?」
「・・・少し」
「や、やだ・・・恥ずかしい・・・よ」
「もっと顔を近づけて見るんだ」
「はい・・・」

恥ずかしがる佳純を無視して、僕は彼にもっと顔を佳純の秘部へ近づけるように言う。島田君は素直に前に進み出た。

「今度はどうだ?」
「はい・・・見えます」
「初めてだろ?思ってたのと違うか?」
「いえ・・・割と・・・想像してた通りと言うか・・・その・・・」
「そうか・・・良かったよ、女性器に変な幻想を抱いてなくて」

僕はそう言うと、佳純の背後に回り込んだ。それから間髪入れずに彼女の両膝を掴むと、グイっとそれを左右に押し広げる。

「あっ・・・いや・・だ、イヤ・・・恥ずかしい・・・から」
「恥ずかしがることなんかないさ・・・島田君、佳純のアソコはキレイだろ?」
「はい・・・すごく・・・ゴクっ」

大袈裟にも感じる程はっきりと唾液を飲みこむ音がした。彼も相当興奮しているようだ。

「触ってごらん?」

閉じようとする佳純の両膝を抑えつけたまま、僕は島田君にそう言った。

「い、いいんですか?」
「勿論さ・・・」

そろそろと静かに、そこへ向けて右手を延ばす彼。
佳純はもう諦めたのか、膝を閉じようとはせずに、真っ赤な顔を背けている。

「・・・あ」

佳純の小さな声で、島田君の右手が目的の場所に触れた事を知る。
僕の場所からは、彼の右手が触れたかどうかは見えないのだ。

「どうだい?島田君」

佳純は、もう抵抗しても仕方がないと思ったのか、大人しく両脚を開いたままだったから、僕は彼女の両膝を抑えていた手を離して、島田君の隣にしゃがみ込んで訊いた。

「と、とても・・・熱いです」
「触るのも見るのも初めてなんだろ?」
「はい」
「よし、少し教えてやろう」

彼に女性器を教えてやろうと、僕も佳純のアソコへ手を延ばした。
それから、閉じている女性器を2本の指を使って押し拡げた。

――クチっ

(・・・ん?)

と、佳純のアソコから粘っこい音がした。

(濡れてるじゃないか・・・)

ビチャビチャと言う訳ではないけれど、彼女のそこは、すでに粘つく程度に湿り気を帯びていた。
僕は、チラリと顔を上げて佳純の表情を見る。相変わらず僕らからは顔を背けたままだけど、唇が真一文字に結ばれていて、以前、鈴木コーチから与えられる快感を我慢していた時と同じような・・・あの表情を見せていた。

「島田君・・・ここ、この豆粒みたいな所・・・見えるだろ?」
「はい」
「ここがクリトリスさ・・・佳純はここを触られるのが好きでね、触ってみるといい」

そおっと静かに彼がそこに触れた。人差し指で突くように・・・。

――ピクンっ

と同時に佳純が身体を震わせる。

「もっと遠慮なく擦っても大丈夫だよ」
「は、はい・・でも傷つけたら困るから」
「大丈夫さ、爪は伸びてないだろ?爪さえ立てないように気を付ければ何という事はないよ」

――クチっ・・クチクチっ

「・・・はっ・・はぁ」

僕の言葉を聞いて、彼が少し激しくそこを擦り始めた。佳純の口からは吐息とも喘ぎ声ともつかない切ない声が漏れ聞こえる。

――クチっ・・・クチュクチュっ

一心不乱にクリトリスを擦る彼。ただ同じリズムで人差し指だけを使って擦る単調な愛撫だったが、佳純には十分だったようで、ややもすると、彼の擦っているクリトリスより下方にある穴からは、一筋の透明な液体が流れ出した。

「ほら、島田君・・ココ・・見えるか?・・・ほら・・・ココから液体が流れてきただろ?」
「は、はい・・・あ、はい・・み、見えます」

吃りながら返答する島田君。

「キミが一生懸命に擦ってくれたから佳純が感じているんだよ・・・な?そうだろ?佳純」
「・・・・・」
「佳純・・・島田君に感想を教えてあげたらどうだい?彼にとっては初めての記念なんだからさ」
「・・・・あ、あの・・・き、気持ちいい・・です」

佳純は島田君と顔を合わせるのが恥ずかしいのか、僕だけを見てそう言った。

「僕にじゃなくて、島田君に教えてあげるんだよ」

僕は意地悪くそう言う。

「き、気持ち・・いいです」

それを受けて、渋々彼の顔を見てそう言う佳純。

「あ、その・・・良かった・・です」

照れたようにそう返答する島田君。2人とも顔が真っ赤だ。

「さぁ、十分に濡れたようだし・・・どうしたい?」

僕は島田君に訊ねた。

「ど、どうって・・・どうすれば・・・?」
「キミがどうしたいのか訊いてるんだよ」
「僕は・・・その、出来れば・・・出来ればでいいんですけど・・・その・・・」
「言ってごらんよ」
「出来れば・・・奥さんに・・・い、入れたい・・・です」
「うん・・・そうだろうね・・さて、どうする?佳純」

勿論、彼には佳純の中に入れさせてやるつもりだ。だけど僕はわざわざ佳純にそう訊ねた。

「・・・え?ど、どうするって・・・」
「島田君が佳純に入れたいと言ってるよ?どうする?入れさせてやるかい?」
「・・・・・」
「島田君、佳純が迷ってるみたいだよ、キミからもお願いしてみたらどうだい?」

「あ、あの・・・奥さん・・・・ダメですか?」
「それは・・・その・・・」

僕は黙って2人のやりとりを見ている。

「僕、もう・・・興奮しちゃって・・・我慢できないんです・・だから・・・その・・・」
「で、でも・・・私は人妻で・・・」

下半身裸のままで、しかもアソコから愛液まで流している姿を晒しながらもそう言う佳純。

「お、お願いします・・・僕、もう我慢できないっ」

島田君が急に大きな声を出して佳純に抱きついた。彼女の大きな胸に顔を埋め、甘えるように抱きついている。
彼が大きな声を出すのは、僕が知る限り珍しいことだ。それだけ興奮しているのだろう。

「・・・・・」

佳純は彼に甘えられたままで、僕に視線を向けた。どうしたら良いのか指示を待っているのだろうと言う事はすぐに解ったが、僕は何も言わずに2人を眺めた。

やがて、佳純は僕から視線を外すと、自分の胸に顔を埋める若者の後頭部をそっと抱きしめた。

「解った・・・解ったから・・・」

そうして一言そう言う。
それを聞いて、佳純の胸に埋めていた顔を上げる島田君。2人の顔の距離が近い。

「でも・・その・・・アレ・・使って・・・ね?」
「あ、アレって・・・」
「だから・・・赤ちゃん、出来たら困るから・・・」

佳純は今日、おそらく避妊しなくても大丈夫なタイミングだと思う。しかし、今日初めて女を知る若者に、それを許すのは大人として無責任だと思っていたから、僕はポケットからコンドームを取り出した。

「アレってのは、コレのことさ」

それから彼にそう言いながらコンドームを手渡す。

はっとしたような表情でそれを受け取る彼。興奮のあまり避妊の事など頭になかったのかもしれない。

「島田君、ソファに座って・・・佳純、島田君にコンドームを着けてあげなよ」
「え?」
「だって、彼は初めてなんだ、教えて上げないと自分じゃ出来ないだろ?」
「でも、私だってそんな・・・した事ないもん」
「出来るだろ?いつも俺が着けるの見てるんだし」
「・・・・・」
「出来ないか?」
「やってみる・・・」

佳純は自信なさげにそう返答すると、ソファから降りる、入れ替わりで島田君がソファに座ると、彼女はその足元に静かに跪いた。



※※※



「佳純が上に乗ってやるといい」

なんとか島田君の屹立したものにコンドームを被せ終えた佳純に、僕はそう言った。
夫の眼の前で若い男の子に跨って腰を振る・・・そんな姿を見たいと思っての発言だった。
当然、佳純は拒否するものと思っていたが、彼女は何も言わずに立ち上がった。

目の前の若者は童貞だ。自分が上になるのもやむを得ないとでも思ったに違いない。

「ご、ごめんなさい・・・ね」

何故か謝りながら、ソファに上がる佳純。それから、膝をついてギンギンになった島田君の男根を跨いだ。

僕はその一挙手一投足を見逃すまいと凝視する。

佳純が彼の男根に右手を沿えた。そして、それを自分の濡れそぼった秘部に照準を合わせると、静かに腰を沈める・・・。

――クチュっ・・・クチュチュっ

「はぁぁっ・・・」
「あぁ・・っ」

島田君の大きな吐息と、佳純の小さな喘ぎ声が重なって聞こえる。

「童貞卒業おめでとう」

僕は島田君にそう声をかけた。

「あ、ありがとう・・ご、ございます」
「で、どうだい?佳純の・・・初めての女のアソコは」
「あ、熱くて・・・ぬ、ヌルヌルしてて・・す、すごい」

「あっ、あぁぁ」

島田君の感想を訊いて、にわかに乱れ始める佳純。

「佳純、若い男の子の童貞を奪ってしまったね」
「そ、そんな・・奪うなんて」
「だってそうだろ?佳純は島田君の初めての女になったんだ、想い出に残るんだから、最高の時間を過ごさせてあげなきゃね」
「あっ・・・あぁっ、あっあっ」

僕の言葉を聞いて、佳純がまた乱れた。
それから、白い尻を前後にユサユサと動かし始める。

「うっ・・・」

思いがけない快感に呻き声を漏らす彼。一度、佳純の口の中に若い精を放った後だから持っているが、そうでなければ、もう佳純の中で暴発していたかもしれない。

僕はそんな事を考えながら、2人から少し離れたソファに腰掛けた。もうこれ以上、2人に声をかける必要はなかった。後は佳純が徐々に乱れ堕ちて行く姿を眺めるのみ・・・。

「あっ・・・あっあっ・・・あぁ」
「あ、お、奥さん・・・き、気持ちいいっ」
「あっ・・・そ、そう?・・・よ、良かった・・・わ・・・あ、はぁっ・・あっ」
「す、すごく・・・ああ、奥さんっ」

気持ち良さそうな声をあげながら、自分に跨る人妻を抱きしめる彼。それによって、佳純の腰の動きは一旦止まってしまったが、自分の胸に顔を埋めて抱きつく島田君の姿に感じるものがあったのか、佳純は静かに彼を抱きしめ返した。

「島田君・・・そんなに強く抱きしめられたら、腰を動かせないわ?」
「あ、あ、すいません、すいません・・・」
「それから、そんなにすぐ謝らないで・・・ね?」
「は、はい・・・すいません」
「ほら、また・・・」

僕が佳純の死角に座っているからなのか、2人の間に流れる空気が変わった。まるで僕などここに存在していないかのような空気。
佳純は鈴木コーチとの行為でもそうだった。あれほど僕以外の男と関係を持つのは嫌だ、恥ずかしいと言っていたのに、いざその行為が始まると、まるで僕が見ていることなど忘れてしまったように乱れる。

(それとも本当に忘れるほど没頭しているのか・・・?セックスに)

もしそうだとしたら、佳純は僕が思っているよりもずっと淫乱な女なのかもしれない。
この10年間、僕の前で被りつづけてきた仮面を、この異常な行為によってはがされかかっているのだろうか。

「あっ・・・あぁっ、あんっ」

佳純が大きく喘いだ。
彼女に言われて、島田君が佳純を抱きしめる手の力を緩めたから、再び腰を前後にグラインドさせる事が出来るようになった。

そうなるや否や、佳純は島田君の上で、前後に大きく・・・しかし童貞である彼を気遣うようにゆっくりと腰を動かし始めた。

――グチュっ・・・ゴソっ・・グチュっ

2人の陰毛同士が擦れあうゴソゴソとした音に混じって、時折聞こえる濡れた音。

「あっ・・・あぁ・・・っ・・ん」
「はぁはぁ・・・あ、う・・・」

2人の嬉声。

「あ、あ、奥さん・・・僕、もうっ」
「あっ・・・あぁ・・・か、硬いっ・・・し、島田君の・・すごく硬い・・・よ」

彼に限界が近づいたのだろう。佳純は自分の蜜壺にスッポリと収まる彼の男根の硬さが増したと言った。

「あっあっあっ・・・あぁっ・・か、硬い・・硬い・・・硬いぃっ・・んっ・・あっ」
「あ、あ・・・そ、そんなにしたら・・・も、もう・・・僕」

自分の身体に突き刺さる男根の硬度に興奮したのか、佳純の喘ぎが一際激しくなったかと思うと、突然腰のグラインドが激しさを増した。

佳純とのセックスで騎乗位になる事はあったけれど、それを離れた所から見るのは勿論初めての経験だ。

男根に跨って、自ら快感を貪るように腰を振る女の姿が、これほどイヤらしいものだとは知らなかった。それとも、こんなにイヤらしいのは佳純だけなのだろうか?

とにかく、僕の位置からは、佳純の白い尻が島田君の上で狂ったように前後しているのが見えて、そのグラインドは彼女の喘ぎ声と共に益々激しくなっていった。

「も、もう・・だ、ダメです・・・で、出るっ」
「あっ・・あっ・・・あぁっ・・・あっ・・んっ、だ、出して・・・も・・・いいよ」
「あぁ、で、出るっ、出るっっ」
「あっ、あっ、あっあぁぁ・・・だ、出してっ、出してっ」
「あ、うっ・・・うっ、うぅっ!」

島田君が再び佳純に抱きついた。そしてそのまま彼女に向けて、腰を2、3度突き上げるような動きを見せた後で、動かなくなる。

「あ、あぁぁぁ・・・・」

それを受けて、佳純の口から漏れた最後の喘ぎ声は、大きな快感の為ではなく、彼が果ててしまった事への落胆の色を含んでいる事を僕は聞き逃さなかった。



前へ / 次へ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]





◆ 作品を楽しんでいただけましたらクリックのご協力をお願いいたします*^-^*
人気ブログランキングへ
*    *    *

Information

Date:2012/08/16
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://luckychild.blog.fc2.com/tb.php/240-3dc7933c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。